スキンケアを頑張ってるのに、なぜか肌がきれいにならない

スキンケアを頑張っているのに、肌が乾燥してしまったり、化粧のりが悪かったり、肌荒れやニキビができたりと、なぜか肌がきれいにならない方も多いと思います

そのような場合はいったんいままで行ってきたスキンケアをやめて肌断食でお肌をリセットするのがおすすめです。

 

メイクやスキンケアのメリットとデメリット

女性は大人になると自然とメイクし、スキンケアを始めると思います。
クレンジングに洗顔、化粧水に美容液、クリームなど一連のスキンケアを当たり前のように毎日の習慣として行っていきます。

しかし、このメイク&スキンケアの習慣を何十年も続けることは、はたして肌に良いのでしょうか?

メイク用品をはじめスキンケア用品にも、界面活性剤や防腐剤など化学物質が含まれています。そしてその化学物質を長年使用し続けた場合の肌への影響や安全性というのは、正確には検証されていないのです。

20代のように若く肌の回復力も高い場合には、とくに問題が表面化しなくても、40代以降になると、肌の老化が進み、回復力も落ちてきます。

そのときに何十年も続けてきた化学物質を含むスキンケアがかえって肌トラブルを招く原因になりかねません。

 

素肌そのものの美しさが大切

スキンケア製品には当然肌によい成分も含まれているのですが、その反面、化学物質も含まれています。そのため、化学物質を含むメイクやスキンケアは、ある意味異物を肌に塗っているともいえます。

これらの異物は肌に負担をかけているのですが、肌が健康な場合は、修復力のほうが上回っているので、あまり問題を実感することはなく異物であることに気づかない人も多いと思います。

その点、肌が弱い人は、メイクやスキンケアで、赤みやかぶれなどの肌トラブルを引き起こしてしまう場合も多く、スキンケア製品は異物であると感じている人は多いと思います。

そこで、本当に大切なのは、メイクやスキンケア製品に頼らない健康で美しい素肌を手に入れることではないでしょうか?

肌トラブルを過剰なスキンケアで治そうとしたり、メイクで肌荒れを隠すのではなく、肌断食で肌が本来持っている回復力を高め、健康で美しい素肌を目指してみませんか?

 

肌トラブルが起こったらなにもせず、肌をよく観察する

肌トラブルが起こったら、メイクやスキンケアをやめて、肌断食を行い、自分の肌の状態をよく観察してみましょう。

なるべく、クレンジングが必要な濃いメイクはせず、メイクしたとしても石鹸で落とせる程度の薄いメイクで過ごすように心がけ、メイクをしていないときは、ぬるま湯洗顔で十分です。

そして、洗顔後は何もつけず素肌の状態をよく観察します。
洗顔直後は、つっぱった感じがしても、しばらく経つと自然にしっとりとしてきて肌が本来持っている保湿能力を発揮します。

それでもかさつく部分がある場合は、ワセリンなど無添加の保湿剤を薄く塗る程度にとどめておきます。

そうすることで、自分の今現在の肌の状態をよく観察でき、さらに肌が本来持っている自然の回復力を高めることになるでしょう。

 

肌断食で、肌が本当に必要としているものだけを

肌トラブルがある人もない人も、週末や夜だけでも肌断食をおこない自分の本来の肌の状態を観察しましょう。

余計なことはしない肌断食で乾燥が緩和したり、キメが整ったり、吹き出物が改善したなど多くの肌トラブルが改善しています。

過剰なスキンケアやメイクはやめて、メイクに頼らない健康で美しい素肌を手に入れましょう!